2017年11月02日

コハクチョウ 11羽、優雅に飛来 高島 /滋賀【毎日新聞2017年11月2日】

水面を蹴って飛び立つコハクチョウ=滋賀県高島市安曇川町の松ノ木内湖で、塚原和俊撮影
 琵琶湖にコハクチョウが渡って来るシーズンを迎えているが、湖西の高島市でも先月31日、成鳥11羽の飛来を湖北野鳥センター(長浜市)が確認した。高島市新旭町の水田にいるのが目撃された。

 この日朝には、ここから安曇川を越えて約3キロ南の同市安曇川町の松ノ木内湖で11羽がゆっくりと泳ぎ回った後、水面を蹴って飛び立つ様子が見られた。同内湖や水田では毎年、コハクチョウの飛来が目撃されている。内湖をねぐらにして、水田で餌を探しているとみられる。

 コハクチョウは先月8日に湖北野鳥センター前の琵琶湖岸に5羽が今季初飛来した。センターによると、1日までに計46羽の飛来が確認されている。【塚原和俊】
https://mainichi.jp/articles/20171102/ddl/k25/040/514000c

http://archive.is/UC4DJ
渡り鳥、越冬へ 高島の湖岸【中日新聞2017年10月31日】

posted by BNJ at 21:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: