2017年11月04日

紅白 個性派 新顔 富山市ファミリーパーク【中日新聞2017年11月4日】(カンムリシロムク/リュウキュウアカショウビン)

【上】カンムリシロムク【下】リュウキュウアカショウビン=いずれも富山市ファミリーパークで

 富山市ファミリーパークで3日、鳥類2種の展示が新たに始まった。インドネシア・バリ島の一部にのみ生息する「カンムリシロムク」と、東南アジアに生息する「リュウキュウアカショウビン」。パーク内で展示されている鳥類はこれで33種、346羽になった。(山中正義)

声自慢 キョロロロロ…

 ムクドリの仲間のカンムリシロムクは、雄と雌の成鳥を2羽ずつ展示している。白い体と目の周りの青色が特徴で、体長は25センチ程度。

 農業開発による森林伐採や密猟などで個体数は減り、現在、野生として生息しているのは100羽ほどといわれている。

 国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは、絶滅の危険が最も高いとされる。

 パークの4羽は横浜市繁殖センターから借り入れたもので、繁殖にも取り組む。

絶滅危惧 野生には100羽

 リュウキュウアカショウビンは、沖縄県で保護された雌雄不明の成鳥1羽を公開している。体長は27センチ。

 カワセミの仲間で、長いくちばしを使って水の中の魚などを食べる。「キョロロロロ」という鳴き声も特徴。夏に沖縄地方に渡って来るが、本州ではめったに見ることができない。

 動物課動物調整係の高久滋係長(46)は「鳥類は色や形が多種多様。実際に見に来てほしい」と呼び掛ける。
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20171104/CK2017110402000050.html

富山市ファミリーパーク 紅白めでたく美しく 鳥2種類5羽仲間入り /富山【毎日新聞2017年11月8日】
リュウキュウアカショウビン=富山市ファミリーパーク提供
 富山市ファミリーパーク(同市古沢)に、紅白の鳥2種類計5羽が仲間入りし、3日から展示が始まった。

 赤い鳥は、カワセミの仲間「リュウキュウアカショウビン」。東南アジアに生息し、夏に沖縄に渡来する。背中に光沢のある青い羽毛が生えている。


カンムリシロムク=富山市ファミリーパーク提供
 白い鳥は「カンムリシロムク」。インドネシア・バリ島の一部にのみ生息するが、密猟などの影響で、野生は約100羽と推定され、国際自然保護連合のレッドリストでは最も絶滅の危険が高い種に分類されている。目の周りの青色が特徴。

 名前も姿も紅白で、秋の結婚シーズンにふさわしい鳥たちの来園。同パーク動物課の小峠拓也さんは「紅白になったのは偶然ですが、美しい鳥たちを見に来て下さい」と話している。【青山郁子】
https://mainichi.jp/articles/20171108/ddl/k16/040/317000c

https://megalodon.jp/2017-1104-1116-17/www.chunichi.co.jp/article/toyama/20171104/CK2017110402000050.html
http://archive.is/TnEHI

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: