2017年11月07日

きょう「立冬」 ユリカモメ、姿増す―熱海【伊豆新聞2017年11月7日】(他1ソース)

熱海港に集まりはじめたユリカモメ=渚町
 7日は二十四節気の一つ「立冬」で、冬が始まる日とされている。熱海市内を流れる河川の河口部などには、カムチャツカ半島などから日本を訪れ、冬を越すユリカモメの姿が増え始めた。
 熱海港では、遊覧船や定期船に乗客が乗り込むたびに群れが集まり、餌をねだる姿が見られる。赤い足とくちばし、ほかのカモメより一回り小さい体形(体長40センチ)が特徴。
 伊豆野鳥愛好会の渡辺高助事務局長によると、伊豆半島では10月中旬ごろから来年2月いっぱいぐらい滞在し、北の繁殖地に異動する。南部地域より伊東、熱海、沼津など北部地域に多いという。
 【写説】熱海港に集まりはじめたユリカモメ=渚町
http://izu-np.co.jp/atami/news/20171107iz2000000002000c.html

立冬 安倍川に舞う“使者” 静岡県内、気温平年並み【静岡新聞アットエス2017年11月7日】
河口付近に集まる鳥の群れ=6日、静岡市駿河区の安倍川(静岡新聞社小型無線ヘリ「イーグル」から)
 7日は「立冬」。二十四節気の一つで、冬の始まりとされる。県内は高気圧に覆われ、早朝は好天となった。
 静岡地方気象台の観測によると、各地の朝の最低気温は三島9・9度、静岡10・6度、浜松13・4度など平年並み。
 静岡市駿河区の安倍川河口付近では、ユリカモメなどのカモメ科の冬鳥が、越冬のために飛来し始めた。群れを作り、中州で羽を休めたり、富士山を背に一斉に空を飛んだりする姿が見られた。
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/424316.html

http://archive.is/xlaIe
http://archive.is/BvOK0

タグ:ユリカモメ
posted by BNJ at 21:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: