2017年11月10日

「札幌のカラス」著者中村さん 25日にトークショー【北海道新聞2017年11月10日】

「札幌のカラスは本州より人懐っこいんですよ」。本を手に話す中村真樹子さん
 NPO法人札幌カラス研究会(北区)の中村真樹子代表(52)が、市内のカラスの生態を紹介する本「札幌のカラス」を北海道新聞社から出版した。愛らしいイラストや四コマ漫画を使い、カラスの好物や珍しい行動などをQ&A形式で解説している。

 中村さんは約20年間、カラスの行動を観察する傍ら、市民からの相談に応じている。「カラスに襲われた」という質問には「神経質なのは繁殖期だけ」として対策を助言。日光浴したり、木の枝に逆さまにぶら下がったりする姿など、観察を長年続ける中村さんならではの珍しい写真も紹介している。

 B5判199ページ、1512円。中村さんは「怖いイメージが強いカラスの別の一面を知ってもらい、うまく付き合うヒントが見つかれば」と話す。

 25日午前10時半からは、出版記念として、北海道新聞本社1階道新プラザ「DO―BOX」(中央区大通西3)で中村さんのトークショーを開く。入場無料。(斉藤千絵)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/144237/

http://archive.is/W231m
なんでそうなの 札幌のカラス
中村 眞樹子(NPO法人札幌カラス研究会)
北海道新聞社
売り上げランキング: 119,204


posted by BNJ at 21:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: