2017年11月12日

ぐるっと首都圏・旅する・みつける 「小猫流」上野動物園の歩き方 「欲張らない」で再発見 パンダ舎は混みそうだし… /東京【毎日新聞2017年11月12日】(セイキムクドリ)

 世界の珍しい動物たちが集うワンダーランド・動物園が熱い。上野動物園(東京都台東区)ではジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」が生まれ、公開を前に来園計画を練っている親子もいるかもしれない。でも、パンダ舎は混みそうだし、ほかにも楽しみ方がありそう。「欲張らない」がモットーの芸人、江戸家小猫さん(40)とともに上野動物園を歩いた。【平林由梨】

 10月下旬、「動物たちの動きが良いのは午前中」という小猫さんと開門時刻、午前9時半に待ち合わせた。

 小猫さんは、動物の声まねで有名な父、四代目猫八さんに入門し、6年前に江戸家小猫を襲名した。ウグイスやカエルといった江戸家伝統の芸はもちろん、テナガザルやアルパカなどレパートリーは100に上る。取材をかねて年間50〜80回は全国の動物園に足を運ぶ大の動物好きだ。

 上野には約14ヘクタールの園内に約350種類の動物がいる。「欲張らず、その日の出合いにかけましょう。その方が豊かな記憶となって残ります」。いよいよ開門だ。

    □    □

 パンダ舎に向かう人波を後に小猫さんはバードハウスへ向かった。「鳴き声の主を探してみましょうか」と言われ「ピュルルル」というかすかな音の出所を追った。青い羽が輝くセイキムクドリだ。くちばしをわずかに開け、丸い腹と喉をブルブルっと振るわせていた。小さな体に宿るエネルギーが伝わってくる。「音って見えるんですよ。集中力を目から耳へ少しだけ振り分けると、気づくことが増えます」と小猫さんは言う。

 「赤ちゃんはパンダだけじゃありません」。次に案内してくれたのはニシゴリラの展示スペースだ。母モモコが赤ちゃんを大切に抱き、その頭に次女モモカがちょっかいを出している。愛らしい。その姿にくぎ付けになった。ゴリラを群れで飼育しているのは全国でも珍しい。エサの種類や置き場所はゴリラが飽きないよう、毎日変えているという。開園直後と午後1〜2時の食事時は見どころだ。

 小猫さんは動物園では目的なくブラブラ歩くことが多いという。ただ、必ず見に行くのが「ハシビロコウ」だそうだ。「動くとがっかりされる鳥」と言われるように、まるで動かない。足を止めて見ること数分、ふいに首を90度ひねり、「また動くかもしれない」という期待が膨らんだ。しばらくすると大きな羽を広げてふわりと数メートル飛んだ。小猫さんもこれには驚いた様子。「せっかくだから園内を全部見て回ろう」と欲張っていたら、足早に通り過ぎていただろう。

 半日かけて小猫さんと園内を巡ったが、足を止めたのは6カ所程度で多くない。その分、じっくりと時間をかけて動物たちと向き合えた。「欲張らない」は、自分で動物園の楽しみを再発見することなのかもしれない。

他にもお薦めがいっぱい!!
 12月中旬とも言われる上野動物園のシャンシャン公開はどうなるのだろう。リーリーとシンシンが一般公開された2011年、初日には2万人が押し寄せたという。教育普及課の高橋直也さん(31)は「抽選で来場者を絞るのか、整理券を配布するのか。どうすれば混雑を緩和できるか、調整の真っ最中です」と話す。

 もちろん、魅力的な動物園は上野だけではない。日本動物園水族館協会(東京都台東区)によると、協会加盟の動物園は91園で、小猫さんに首都圏でお薦めの動物園を挙げてもらった。

 ■メモ

 上野動物園(台東区上野公園9の83、03・3828・5171)は東園と西園からなり、東園にある表門へは上野駅から徒歩5分、京成上野駅からは徒歩10分。西園にある「子ども動物園すてっぷ」へは今夏から入門できるようになった弁天門が便利。午前9時半〜午後5時。入場料は一般600円、65歳以上300円、中学生200円、小学6年生まで無料。休園日は月曜、年末年始。

 ▽日立市かみね動物園(茨城県日立市宮田町5の2の22、0294・22・5586)

 サイ、カバ、キリンなど大型動物の展示が充実している。「動物との距離が近く、職員や飼育員にも声がかけやすい。アットホームな雰囲気が魅力」

 ▽よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区上白根町1175の1、045・959・1000)

 約45ヘクタールの敷地に約110種を飼育している。「動物の生息地に近い環境を再現している。スケールの大きさが体感できる」

 ▽埼玉県こども動物自然公園(東松山市岩殿554、0493・35・1234)

 ポニー乗馬や乳搾りなど体験型の展示が豊富。「森林浴のような散策ができ、その先々で動物に出合える。雰囲気のよい動物園」

 ツイッター @mainichi_shuto

 フェイスブック 毎日新聞 首都圏版
https://mainichi.jp/articles/20171112/ddl/k13/100/002000c

http://archive.is/RFF76

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: