2017年11月13日

島根・宍道湖のコブハクチョウ2羽鳥インフル陽性【産経WEST2017年11月13日】(簡易検査/5羽目、6羽目)

 島根県は13日、同日までに宍道湖岸で回収した野生のコブハクチョウ2羽の死骸を簡易検査した結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。宍道湖の野鳥で陽性反応が出たのは計6羽となった。

 県によると、11日と12日に1羽ずつ回収した。宍道湖周辺では、5日に回収したコブハクチョウ1羽から確定検査で高病原性鳥インフルエンザを検出している。これまでに、他に3羽が簡易検査で陽性が出ており、鳥取大が確定検査を進める。
http://www.sankei.com/west/news/171113/wst1711130027-n1.html

http://archive.is/Cn9Fm
鳥インフル検出、計4羽に 松江【中国新聞アルファ2017年11月11日】

posted by BNJ at 22:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: