2017年11月14日

鳥インフル/高病原性2羽目【朝日新聞デジタル2017年11月14日】(キンクロハジロ/H5N6型)

◆簡易検査陽性 計7羽に◆

 県は13日、松江市内で7日に見つかったキンクロハジロ(カモ科)の死骸から、確定検査で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。感染が確定したのは今季2例目。

 また、松江市と出雲市で新たに見つかったコブハクチョウ3羽の死骸から、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。これで計7羽が簡易検査で陽性となり、うち2羽が鳥取大での確定検査で高病原性と断定された。新たに見つかった3羽についても確定検査をしている。

 県鳥獣対策室によると、5羽目は11日に松江市宍道町の宍道湖南岸で、6羽目は12日に松江市西浜佐陀町の宍道湖北岸で見つかり、いずれもメスだった。7羽目は12日に出雲市斐川町の五右衛門川で見つかったオス。3羽とも市民や市職員が発見して県に連絡した。3カ所とも環境省が指定した野鳥監視重点区域内。

 県は5〜7羽目を回収した地点から半径10キロ以内にある養鶏場など40戸に注意を呼びかけ、今のところ異常は報告されていないという。県は重点区域内での監視を続け、ほかの地域でもパトロールを週に2回程度する方針。(奥平真也)

◆環境省が緊急調査チーム◆

 宍道湖岸で見つかったコブハクチョウの死骸などから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、環境省は13日、野鳥の緊急調査チームを現地に派遣した。全国で今季初。15日まで野鳥の生育状況や異常な行動の有無などを調べる。

 調査チームは、環境省の職員ほか、自然環境研究センター(東京都)の専門家や県職員で構成されている。調べる範囲は、確定検査でウイルスが検出された2羽の死骸から半径10キロの野鳥監視重点区域。双眼鏡などを使って、群れから離れて弱っている野鳥がいないかも調べる。

 環境省の安藤忍・野生鳥獣感染症対策専門官は「今季のウイルスの発生状況を把握するためのデータを集めたい。死骸などとの濃厚な接触がなければ、ウイルスは人には感染はしないので安心してほしい」と話す。野鳥の死骸を見つけたときは、さわらずに県などに連絡するよう求めている。 (市野塊)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1711143300003.html

鳥インフル 島根7羽目 高病原性確定【山陰中央新報2017年11月14日】
 島根県は13日、松江市打出町の宍道湖岸で死んでいた雄のキンクロハジロについて、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が確定したと発表した。また、新たに松江市宍道町の宍道湖岸と出雲市斐川町の五右衛門川下流で死んでいたコブハクチョウ計3羽から、県の簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たことも明らかにした。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1510622229117/

鳥インフルエンザ 高病原性、県内2例目 宍道湖岸の死骸 監視強化継続へ /島根【毎日新聞2017年11月14日】
 県は13日、松江市内の宍道湖岸で7日に回収された野鳥のキンクロハジロの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。確定検査で毒性が強い高病原性が確認されたのは県内で今季2例目。また、県は同日、新たに野鳥3羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を確認したと発表した。

 キンクロハジロの死骸は松江市打出町で発見。簡易検査で陽性反応が出たため、鳥取大で確定検査をしていた。県は半径10キロ以内の養鶏農家などに異状がないことを確認しており、野鳥の監視強化も継続する。

 新たに簡易検査で陽性反応が出た野鳥3羽はいずれもコブハクチョウで、11、12日に松江市内の宍道湖岸や出雲市斐川町の五右衛門川下流で発見された。

 これまで陽性反応を確認した野鳥の死骸は計7羽になった。いずれも環境省が指定した宍道湖北岸、南岸を中心とする二つの野鳥監視重点区域内(周辺10キロ圏)で発見されている。【長宗拓弥】
https://mainichi.jp/articles/20171114/ddl/k32/040/343000c

http://archive.is/wovAo
http://archive.is/c0RaZ
http://archive.is/DwBkj
松江でまた鳥インフル陽性 野生のキンクロハジロの死骸、簡易検査【産経WEST2017年11月8日】
島根・宍道湖のコブハクチョウ2羽鳥インフル陽性【産経WEST2017年11月13日】(簡易検査/5羽目、6羽目)

posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: