2012年06月18日

野生のアオサギ、鳥舎の上で子育て 天王寺動物園【朝日新聞デジタル2012年6月18日】

天王寺動物園の大型鳥舎「鳥の楽園」の上に巣をつくるアオサギ=大阪市天王寺区

天王寺動物園の大型鳥舎「鳥の楽園」。屋上に野生のアオサギが巣を作っている=大阪市天王寺区
大阪市天王寺動物園(天王寺区)の大型鳥舎「鳥の楽園」の屋根の上で、アオサギが子育ての真っ最中だ。園で飼育されていると勘違いされがちだが、実は野生。飼育動物のエサをかすめ取る厄介者だが、今年は園内で弱った幼鳥が相次いで保護された。「楽園」の外の事情は――。


「鳥の楽園」で暮らすアオサギ(左)と、金網の外の野生のアオサギ=大阪市天王寺区
園の南側、JR大阪環状線に面した一角にドーム状の「鳥の楽園」がある。約3千平方メートル、高さ20メートルの鉄製の巨大なかごの内部にせせらぎや湿地を再現し、28種約200羽が暮らす。

ドームの屋根の部分の金網の上に約30のアオサギの巣が並び、80羽ほどが群れている。3月ごろに卵からかえったヒナが7月ごろに巣立つまで姿が見られる。

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: