2017年11月24日

大きく育てニシキゴイ 栗林公園 ネットで購入資金、200匹放流【四国新聞2017年11月24日】(鳥害)

 大きく育ってね―。野鳥による捕食被害などで、池のコイが激減している高松市の栗林公園で23日、放流イベントが行われ、200匹のニシキゴイが子どもらの手によって園内の池に放たれた。
 ニシキゴイが優雅に泳ぐ庭園を取り戻そうと、同公園観光事務所などでつくる「栗林公園にぎわいづくり委員会」が企画。昨年、インターネットの「クラウドファンディング(CF)」でニシキゴイの購入資金を募ったところ、250万円が集まった。昨年11月に200匹を放流し、今回は残りの資金でさらに購入した200匹を放流した。
 この日は、南湖の小松亭前で放流イベントを開催。小学生と保護者約40人…
http://www.shikoku-np.co.jp/bl/digital_news/article.aspx?id=K2017112400000000900

http://archive.is/6dzuq
栗林公園の池のコイ激減→ネットで資金調達→ニシキゴイ200匹放流【産経ニュース2016年11月28日】
善意次々、コイも次々 栗林公園に350匹放流へ、ネットで資金調達【日本経済新聞2016年11月19日】
栗林公園のニシキゴイ再生 ネットで資金調達【日本経済新聞2016年8月10日】

タグ:鳥害
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: