2017年11月24日

鳥インフル確定検査で陰性 島根県で回収の野鳥2羽【産経WEST2017年11月24日】

 島根県は24日、出雲市で12日に回収したコブハクチョウ1羽と、16日に回収したオオバン1羽を鳥取大で確定検査した結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されず、陰性反応を示したと発表した。2羽は簡易検査で陽性反応が出ていた。

 島根県によると、県内では今月、宍道湖周辺で野鳥の死骸が相次いで見つかり、9羽が簡易検査などで陽性反応を示した。うち7羽から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されており、これで全ての検査結果が出そろった。
http://www.sankei.com/west/news/171124/wst1711240069-n1.html

http://archive.is/uwgn5
鳥インフルエンザ 高病原性、計7羽に 宍道湖岸の3羽死骸、確定検査で /島根【毎日新聞2017年11月21日】
9例目の鳥インフル陽性 野生のオオバン死骸 島根・出雲【産経WEST2017年11月17日】

posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: