2017年11月26日

【書評】インドクジャクにコキンメフクロウ…『世界の国鳥』水野久美文、アフロ写真【産経ニュース2017年11月26日】

『世界の国鳥』水野久美文、アフロ写真

 国を代表、象徴する国鳥。選定機関もさまざまで、最初に制定したアメリカのハクトウワシは1782年に議会で、イギリスのヨーロッパコマドリは国民の人気投票で、日本のキジは1947年に日本鳥学会が選んだとか。

 神聖な飾り羽が特徴のインドクジャク(インド)、世界最大の翼を持つアンデスコンドル(エクアドル)、神話で女神の使いとされるコキンメフクロウ(ギリシャ)…。世界36カ国の国鳥を厳選し、由来や生態を解説、自然環境、観察方法などのプチガイドも。

 美しく可憐(かれん)な、あるいは迫力ある写真にとにかく目を奪われる。(青幻舎・1600円+税)
http://www.sankei.com/life/news/171126/lif1711260033-n1.html

http://archive.is/G88Lw
世界の国鳥 (nomado books)
水野 久美
青幻舎
売り上げランキング: 80,170


posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: