2017年11月28日

鳥をデザイン ブラジル風の新駅舎 東武線西小泉駅【上毛新聞ニュース2017年11月28日】(トゥッカーノ)

ブラジルをイメージした西小泉駅の新駅舎
 群馬県の東武小泉線・西小泉駅の駅舎がブラジルをイメージしたものに建て替えられた。ブラジルを代表する鳥、トゥカーノをシンボルデザインとし、看板は日本語、ポルトガル語、スペイン語など6カ国語で表記されている。大泉町が駅近くの公衆トイレを一体的なデザインのものに改築工事中で、駅前の雰囲気が一変しそうだ。

 新駅舎は木造平屋建て96平方メートルで9月中旬に利用が始まった。新しいトイレは旧駅舎の跡地に造られる。来年2月末までに完成する予定。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/17962

http://archive.is/V8CzD

posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: