2017年11月29日

香川の森孵卵場が花巻に新工場 ひな鳥孵化・養鶏事業【岩手日報WebNews2017年11月29日】

 ブロイラーひな鳥孵化(ふか)・養鶏事業を展開する森孵卵(ふらん)場(香川県観音寺市、資本金3億3600万円、森泰三社長、従業員211人)は花巻市石鳥谷町好地に新たな生産拠点を設ける。従業員15人程度を新規雇用し、来年7月の操業を目指す。

 同社によると、新工場は空き工場を取得する形で敷地面積1・9ヘクタール、延べ床面積約2900平方メートル。操業当初は従業員15人程度を雇用し、将来的に30人程度の雇用を計画している。

 同社のひな鳥孵化出荷数は国内トップで、全国に9工場を有する。県内では1973年に盛岡市玉山地区に東北工場を開設。本県や隣県の需要増加に対応するため、花巻市進出を決めた。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?ec=20171129_1

http://archive.is/aOEtR

タグ:ブロイラー
posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: