2017年11月30日

県と県トラック協会が家畜伝染病防疫活動の協定【TKUテレビ熊本2017年11月30日】(鳥インフルエンザ)

高病原性鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫など特定家畜伝染病が発生したときに防疫作業に必要な資材を輸送することなどで県と県トラック協会が29日、協定を結びました。同協会の住永豊武会長らが県庁を訪れ協定書に調印しました。協定には特定家畜伝染病が起きたとき消毒用の石灰や機械など防疫作業に必要な資材を輸送することなどが盛り込まれています。県の濱田義之農林水産部長は「家畜伝染病などが起きると風評被害など影響を大きく受ける。速やかに抑えるよう一緒に取り組んでいきたい」と語り、住永会長は「我々の使命である運ぶ≠ニいうことで防疫活動に貢献できることを大変うれしく思う」と述べました。
https://www.tku.co.jp/news/%E7%9C%8C%E3%81%A8%E7%9C%8C%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8D%94%E4%BC%9A%E3%81%8C%E5%AE%B6%E7%95%9C%E4%BC%9D%E6%9F%93%E7%97%85%E9%98%B2%E7%96%AB%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AE%E5%8D%94%E5%AE%9A/

http://archive.is/joyy9

posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: