2004年04月25日

島にも人間生活の弊害?【中日新聞2004年4月25日】

多数のアオサギが氷見市沖の虻が島に生息し、大量のふんをまき散らしている。ふん被害から少しでも島内の植物を守ろうと地区住民たちが先日、島に渡り小枝などの営巣材の除去作業をした。

島には何度か渡ったことはあったが、ふん被害を確認した覚えはなかった。「果たしてどんな状態なのか」。そんな思いで船に揺られていると、アオサギがいるわいるわ。船上からでも、島の上空を飛び交う数十羽のアオサギが見えた。1つの木に多い場所で10個ほど巣があり、周辺の木の幹や葉の表面はふんで真っ白。においも漂う。放置すれば確かに島内環境は悪化しそう。

なんとかすべきだとの思いを強くしたが、これも人間の営みによるしわ寄せ? そうだとすれば、少しアオサギが気の毒になる。(本安幸則)

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: