2003年05月02日

神戸ポーアイの人工池でアオサギのヒナすくすく【読売新聞2003年5月2日】

親鳥にエサをもらうアオサギのヒナ(神戸市中央区のポートアイランドで)
警戒心が強く、地上での産卵が珍しいアオサギのヒナ2羽が神戸市のポートアイランドにある人工池内の岩場で元気に育っている。

アオサギは高い木の枝に営巣する習性があるが、3月上旬につがいが池内に巣作りし、4個を産卵。4月上旬には風雨で巣が池に落ち、卵も水没したが、翌日、市民らの通報で市職員が巣と卵を回収、枯れ草で巣を補修して元通りにした。

親鳥は再び抱卵し、4月24日に、うち2個が孵化(ふか)。市立王子動物園は「人が触った卵を野鳥が再び抱くのは異例。人が危害を加えないとわかり、警戒心を解いたのかも」と推測している。

アオサギ 子育て奮闘中 神戸・ポーアイ【神戸新聞2003年5月10日】
子育て奮闘中
神戸・ポートアイランドでアオサギが営巣、子育てに奮闘している。人工島の真ん中で繰り広げられる自然の営み。きょう10日から愛鳥週間。

アオサギは北海道から九州まで、各地に広く分布する。羽を広げると二メートル近くあり、日本のサギ類の中では最大。ふつう巣は高木のこずえに、集団でつくる。今回は、1ペアが人工池の岩場に営巣。いずれも珍しい。

3月中旬、親鳥が木の枝を集めて巣作りを始めた。池にはたくさんの魚が放たれており、愛鳥家らは「エサに困らず、水に囲まれているため外敵から襲われることも少ない。子育てには絶好の条件」という。

4月初め、強い風雨で巣が池へ滑り落ちたが、市の関係者らが救出。別の岩場に移動した。

その後、4個の卵のうち2個が無事にふ化。ヒナは体長40センチほどにまで育ち、時折、薫風を受けて羽を大きく広げるようになった。

住民らが散歩がてら様子をうかがう。ヒナの無事の巣立ちを祈る。

(写真部 中西大二)

タグ:アオサギ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: