2017年12月02日

出水平野で今季4回目 ツルの羽数調査(鹿児島県)【NNNニュース2017年12月2日】

日本最大のツルの越冬地、出水平野で2日、今シーズン4回目のツルの羽数調査が行われた。ツルの越冬地・出水平野で、今年4回目の羽数調査が行われ地元の中学校生など約100人が参加した。参加者たちは、望遠鏡を使いねぐらから飛び立つツルを数えていた。今回は、ナベヅル1万3107羽、マナヅル1009羽など計1万4137羽が確認され、前回の調査よりも1000羽ほど減った。高尾野中学校ツルクラブ部の有馬甲曜部長は「前回に引き続き計測が出来て良かった。前回よりは減ったが次回は増えてほしい。」と話した。出水平野では21季連続で万羽ヅルを観測している。次の羽数調査は、今月16日に行われる予定。
[ 12/2 11:38 KYT鹿児島読売
http://www.news24.jp/nnn/news87210017.html

出水のツル1万4137羽 今季4回目調査 最多更新ならず【読売新聞2017年12月3日】
 国内最大のツルの越冬地・出水市の出水平野で2日早朝、今季4回目の羽数調査が行われ、ナベヅルなど計1万4137羽を数えた。最多記録(2015年度の1万7005羽)の更新はならず、前回(11月25日)よりも1223羽少なかった。雨でねぐら周辺に水たまりが点在し、ツルが分散していたことなどが要因とみられる。

 内訳は、ナベヅル1万3107羽、マナヅル1009羽、クロヅル9羽、カナダヅル7羽、ナベクロヅル5羽。マナヅルは前回に比べて倍増したが、ナベヅルは約1800羽減った。

 次回は16日。調査に参加した市立高尾野中のツルクラブ部長で3年、有馬甲曜こうよう君(15)は「観測が世界に発信され、活動に誇りを持てる。次は最多を記録してほしい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20171202-OYTNT50014.html

http://archive.is/NorRE
http://archive.is/oPJ6Q
出水平野 越冬ツル、1万5360羽 鹿児島【毎日新聞2017年11月25日】

posted by BNJ at 20:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: