2017年12月03日

アクアスでペンギン行進始まる【中国新聞アルファ2017年12月3日】

来館者の目の前を行進するペンギン
 しまね海洋館アクアス(浜田、江津市)で2日、冬季恒例のペンギンパレードが始まった。来年3月31日まで。
(ここまで 52文字/記事全文 284文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=392776&comment_sub_id=0&category_id=110

ペンギンパレード 「オウサマ」ヨチヨチ行進 海洋館アクアス /島根【毎日新聞2017年12月5日】
手拍子に合わせてパレードするオウサマペンギン=島根県浜田市久代町の県立しまね海洋館アクアスで、田中昭則撮影
 県立しまね海洋館アクアス(浜田市久代町)で3日、ペンギンパレードがあった。同館のオウサマペンギンが飼育員や子どもたちの拍手に合わせて芝生広場を行進した。

 同館によると、オウサマペンギンは世界のペンギン18種のうち2番目に大きく、目の後ろ部分などが黄色いのが特徴という。子どもたちはヨチヨチ歩くペンギンたちを「かわいい」と歓声を上げながら見守った。

 岡山市から家族で訪れた小学3年、澤春佳さん(9)は「歩くのは初めて見た。かわいかった」と笑顔で話した。

 パレードは来年3月31日までの土、日、祝日にある。冬休み期間(12月23日〜1月8日)と春休み期間(3月24日〜31日)は連日開催する。【田中昭則】
https://mainichi.jp/articles/20171205/ddl/k32/040/467000c

http://archive.is/qtRgf
http://archive.is/JteVs

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: