2017年12月05日

コハクチョウ若狭町に飛来 オオハクチョウも確認【中日新聞2017年12月3日】

田んぼで羽を休めるコハクチョウ=若狭町鳥浜で(日本野鳥の会福井県、武田真澄美さん提供)
写真
 渡り鳥のコハクチョウが若狭町鳥浜の田んぼに飛来しているのを二日、同町の日本野鳥の会福井県副代表の小嶋明男さん(62)が確認した。

 小嶋さんによると、コハクチョウ十六羽に加え、オオハクチョウとみられる幼鳥一羽もいた。ともにシベリア方面からこの時期に訪れ、越冬後の三月に戻る。同町では十年以上確認しているという。

 小嶋さんは「心待ちにしていたのでうれしい。住民にも優しく見守ってほしい」と話した。 (米田怜央)
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/local/CK2017120302000206.html

https://megalodon.jp/2017-1205-2050-36/www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/local/CK2017120302000206.html

posted by BNJ at 20:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: