2017年12月05日

IUCN 沖縄のトカゲモドキ 絶滅危惧種ワーストに【毎日新聞2017年12月5日】(キウイ)

 国際自然保護連合(IUCN)は5日、世界の絶滅危惧種をまとめたレッドリストの最新版を公表した。新たに沖縄県・伊平屋島に生息するイヘヤトカゲモドキと同県・久米島のクメトカゲモドキを、3段階ある絶滅危惧種の最も深刻なランクに指定。鹿児島県・徳之島のオビトカゲモドキなども含め、評価した日本固有のヘビやトカゲの仲間計46種のうち3分の1が絶滅危惧種となった。

 IUCNは「生息環境が破壊され、ウシガエルなど侵略的外来種に食べられているのが原因だ」と指摘した。

 東南アジアや南アジアにすむイルカの一種カワゴンドウと、中国・揚子江に生息するイルカのヨウスコウスナメリは、漁網に絡まるなどして個体数を減らしている。絶滅危惧種のうち2番目に深刻なランクへと緊急度を引き上げた。

 オーストラリアでは、暑さに弱い有袋類ポッサムの一種が地球温暖化の影響などで減少し、最も深刻なランクに分類された。

 一方、ニュージーランドの飛べない鳥キウイ2種の個体数が回復し、絶滅危惧種の中で最も低いランクに下がった。野生化したネコを集中的に捕獲した結果、食べられる被害が減ったという。(共同)
https://mainichi.jp/articles/20171206/k00/00m/040/097000c

http://archive.is/7qGIj

タグ:キウイ
posted by BNJ at 20:55 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: