2017年12月07日

渦潮と夕日、絶景のコラボ人気 南あわじの観光船【神戸新聞NEXT2017年12月7日】

餌を求めてやって来るカモメ。夕日に羽根が透ける=鳴門海峡

青と赤のコントラストが船体に反射する=福良港

夕焼け空に浮かぶ大鳴門橋のシルエット=鳴門海峡

四国の山々に沈みゆく夕日。カモメが羽ばたく=鳴門海峡

 兵庫県南あわじ市・福良港を発着する渦潮観光船「うずしおクルーズ」で今月、鳴門海峡の渦潮と夕日のコラボレーションが人気を集めている。午後4時10分発の最終便でのみ楽しめる船上の大パノラマ。自然が織り成す二つの絶景を堪能してみては?(長江優咲)

 同便の運航は7〜10、14〜16、23〜25、30日。冬ならではの美景をPRしようと、観光船を運航する「ジョイポート南淡路」が2年前からキャンペーンを展開する。

 刻一刻と移りゆく夕焼けに海面がきらめく。餌を求めて並走するカモメを引き連れ、鳴門海峡へ。海流が豪快にうねり、渦となっては消える。オレンジに染まった冬空には大鳴門橋の雄大なシルエットが浮かび上がり、観光客らが熱心にカメラのシャッターを切る。

 同社の担当者は「海上で絶景のコラボが楽しめるのは今の時期だけ。淡路島の自然美に触れて」と話す。

 予約不要。大人2千円、小学生千円。ジョイポート南淡路TEL0799・52・0054
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201712/0010794954.shtml

http://archive.is/oyK9C

posted by BNJ at 10:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: