2017年12月08日

街角 苫小牧 出会いの瞬間を撮影 /北海道【毎日新聞2017年12月7日】

野鳥の素顔が紹介されている写真展
 若手写真グループ・ノースウイング(小林誠代表)初の写真展「私たちが出会った野鳥との瞬間」が、苫小牧市植苗のウトナイ湖野生鳥獣保護センターで開かれている。24日まで。展示されているのは、約30点の写真パネル。木のくぼみから顔を出して餌をねだるコムクドリや枝から羽ばたこうとするエゾライチョウ、朝日に照らされたシノリガモなど、野鳥の一瞬の表情が写真に収められている。同会は安平町職員の小林代表が中心となり、20代の3人で活動している。
https://mainichi.jp/articles/20171207/ddl/k01/040/092000c

http://archive.is/4eybO

posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: