2017年12月08日

キヤノンギャラリー札幌、最後の企画展 山本純一さんの29作品【北海道新聞2017年12月8日】

「巡り会えた被写体に感謝したい」と話す山本さん
 札幌市在住の自然写真家、山本純一さん(57)の作品展「The sun also rises〜日はまた昇る〜」が札幌市中央区北3西4、日本生命札幌ビル1階のキヤノンギャラリー札幌で7日始まった。ギャラリーは今回の展示を最後に閉じることが決まっており、山本さんは「たくましく生きる野生動物、厳しくも美しい自然風景から、明るい未来のイメージを感じてほしい」と話している。

 ギャラリーは約40年にわたり、プロカメラマンや写真公募展などの発表の場となっていたが、併設するキヤノンのサービスセンターの営業終了に伴い、山本さんの写真展の最終日となる28日を最後に閉じる。

 最後の企画展として、山本さんはギャラリー担当者と約千点の作品から29点を厳選。太陽の周囲に見える光の輪の中を飛ぶハクチョウなど、雄大な自然と動物の躍動する姿が色彩豊かにとらえられている。山本さんが作品について語るギャラリートークも8日午後2時、午後6時半からと、22日午後2時から開かれる。(野勢英樹)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/149908/

http://archive.is/tACVH

posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: