2017年12月10日

環境保全や利用議論 松江でラムサールシンポ【日本海新聞2017年12月10日】

 ラムサール条約登録湿地の中海・宍道湖の環境保全や賢明な利用を考える「ラムサールシンポジウム」(鳥取、島根両県主催)が9日、松江市内で開かれ、両湖で環境保全活動に取り組む子どもたちによる活動紹介や鳥がもたらす

中海での環境保全活動について発表する「ジュニアレンジャークラブ」と「子どもラムサールクラブ」の子どもたち=9日、松江市朝日町の松江テルサ
http://www.nnn.co.jp/news/171210/20171210063.html

http://archive.is/8RsNY

posted by BNJ at 20:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: