2017年12月13日

(アートリップ)シロハヤブサ ロベルト・ベッシン作 北海道置戸町【朝日新聞デジタル2017年12月12日】

「シロハヤブサ」は、夜はライトアップされる=青木美伸撮影

 ■北の大地、舞い降りた野鳥 北海道置戸町(おけとちょう)

 北海道オホーツク管内の置戸町。面積の80%以上を森林が占めるこの町には、野鳥をかたどる青銅作品が点在する。モチーフは町に生息するアオサギやクマゲラ、今では絶滅危惧種となったシマフクロウなど。現在、屋外の5点が鑑賞できる。

 作者は彫刻家…

残り:933文字/全文:1083文字
http://www.asahi.com/articles/DA3S13270455.html

http://archive.is/K8iwQ

posted by BNJ at 21:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: