2017年12月13日

水辺の生態系でフォーラム 農水省・国交省・環境省【農業協同組合新聞2017年12月11日】

 国土交通省と農林水産省、環境省は平成30年1月11日、「水辺からはじまる生態系ネットワーク全国フォーラム2017」を開く。会場は東京・本郷の東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール。申し込みは1月9まで。

 このフォーラムは国交省の主催で2016年度から開催。生態系ネットワークとは、野生生物が生息・生育するさまざまな空間(森林、農地、河川、海など)によるつながりのこと。このネットワークを通じた魅力ある地域づくりの成功事例等を広く知ってもらうために開催する。本年度から農水省、環境省の共催となった。
 兵庫県豊岡市の中貝宗治市長が、コウノトリの放鳥などで知られる同市の取り組みを報告。同市長を加え、舞鶴遊水地にタンチョウを呼び戻す会・柏敏春相談役、コウノトリ定着推進連絡協議会・竹村昇会長、出雲大社門前まち神門通り甦りの会・田邊達也代表、それに国交省の森川幹夫河川環境課長がディスカッションする。


 申し込みは、下記の3つより選び、
 氏名、所属、連絡先(電話番号、電子メール)、CPDプログラム受講証明書の要・不要を記入の上、
 ○電子メール:forum2017@ecosys.or.jp
 ○FAX:03-5951-2974 公益財団法人日本生態系協会生態系フォーラム係宛
 ○郵便:〒171-0021東京都豊島区西池袋2-30-20音羽ビル 公益財団法人日本生態系協会生態系フォーラム係宛
 
 ○申し込み締切:平成30年1月9日(火)必着
 ○参加費:無料
 ○定員:400名 ※先着順
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2017/12/171211-34199.php

http://archive.is/5dPlh

posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: