2017年12月19日

干支の引き継ぎ式 石岡【茨城新聞クロスアイ2017年12月19日】(ルリコンゴウインコ)

鳥から犬に主役の座が引き継がれた=石岡市吉生の東筑波ユートピア
干支(えと)の引き継ぎ式が18日、石岡市吉生の自然動物公園「東筑波ユートピア」(小川高広代表)で行われ、今年の酉(とり)から来年の戌(いぬ)に「主役」が移った。

引き継ぎ式は毎年行われており、42回目。つくば市の筑波山神社、石岡市の神明神社の宮司による神事の後、鳥から犬への「引き継ぎ書」が小川代表を通じて渡された。鳥は1975年の開園以来、飼育されているルリコンゴウインコの「ミドジ」。雄の柴犬「りく」が受け継いだ。周囲では、再来年のえとのイノシシのほか、カラス、サルが見守った。

同園では無料で犬と散歩できる。中でも、りくは性格がおとなしく人気者。小川代表は「犬は人間に一番身近な存在。来年もいい年になる」と期待した。
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15135914231202

http://archive.is/WrJM6

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: