2017年12月20日

山形)イヌワシに学ぶ、酒田市立一條小学校【朝日新聞デジタル2017年12月20日】

児童たちは、松原さんからイヌワシについて学んだ=酒田市立一條小学校

 酒田市の鳥、イヌワシを学ぶ授業が19日、酒田市立一條小学校(児童87人)であった。天童市在住の鷹匠(たかじょう)松原英俊さん(67)とイヌワシ「崑崙(こんろん)」による狩りが披露された。

 酒田市側の鳥海山麓(さんろく)ではイヌワシが生息する。地元の市民団体イヌワシの森倶楽部が、「希少生物のイヌワシを通して、私たちを取り巻く環境について考えてもらおう」(高橋知美副代表)と開いた。

 狩りの実演は雨のため体育館内で。松原さんの合図で崑崙が飛び立つと、あっという間に生きたニワトリをわしづかみにした。鋭いくちばしで食べる様子を、児童たちは数分間、息をのんで見守った。高橋さんは「ニワトリがかわいそうと思ったでしょう。でも、皆さんも命をいただいて生きているのです」などと語りかけた。
https://www.asahi.com/articles/ASKDM46QJKDMUZHB00P.html

http://archive.is/f1fze
山形)鷹匠招きイヌワシの生態学ぶ 山形大で催し【朝日新聞デジタル2017年1月29日】

posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: