2017年12月20日

くせなくあっさり、ダチョウうまい! 朝日町産・2校で給食に【山形新聞2017年12月20日】

児童がダチョウの肉を使ったキーマカレーを味わった=朝日町・宮宿小
 朝日町宮宿小(小山田正幸校長、172人)で19日、町産ダチョウのもも肉をひき肉にして使ったキーマカレーが提供され、全校児童がくせのない味を楽しんだ。

 同校では毎月19日、町産の食材や郷土料理を提供する「ふるさと給食」を実施している。

 この日は、食堂に集まった2〜6年生を前に、健康委員長の堀美鈴さん(12)が「ダチョウはヘルシーだが、鉄分などの栄養が多く含まれている」と紹介した後、カレーを味わった。6年布施琴音さん(11)は「ダチョウはあっさりしていて普通のカレーよりおいしかった。もうすぐ卒業するので、この給食が食べられないのは悲しい」と話していた。

 ダチョウ肉を使ったキーマカレーは同日、大谷小でも提供された。
http://yamagata-np.jp/news/201712/20/kj_2017122000397.php

http://archive.is/pXwTu

タグ:ダチョウ
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: