2017年12月24日

愛鳥週間ポスターで文科大臣賞 三木東高の石橋さん【神戸新聞NEXT2017年12月24日】

全国愛鳥週間用ポスター原画コンクールで文部科学大臣賞に輝いた三木東高2年石橋准=三木市別所町小林、三木東高
巣箱に止まるシジュウカラなどを緻密に描いた石橋准さんの作品(同校提供)

 兵庫県立三木東高校(三木市別所町小林)2年の石橋准さん(17)が、日本鳥類保護連盟(東京)主催の「愛鳥週間用ポスター原画コンクール」高校の部で、文部科学大臣賞に輝いた。木に設けた巣箱の上に止まるシジュウカラや、中から顔を出すひなを題材に、緻密な作業が光る力作を出品。県では銀賞だったが、全国で上位6人に入る快挙に「びっくりした」と驚きを隠せない。(大島光貴)

 高校の部は288校から1940点の応募があり、各都道府県の選抜を経た作品が審査を受けた。

 美術部の部長を務める石橋さんは「人と鳥が共存するテーマを選んでは」などと顧問の天野潮彦教諭(60)からアドバイスを受け、夏休みにアクリル絵の具で描いた。

 意識したのは鳥のふさふさした感じを出すこと。図鑑とにらめっこしながら練習を重ねて何度も描き直し、「気に入った」表現に仕上げた。後頭部には灰色に黄色や青を入れ、色合いを再現。木の幹や巣箱は画面上で色を塗り重ね、質感を追求した。影の部分や葉の重なりにも心を砕いた。

 天野教諭は「細かな描き分けを苦にせず、根気よく取り組める子。誠実さの感じられる画面で、個性がよく出ている」と評価。石橋さんは「過去の絵と比べて成長したと思う。もっとすごい絵を描きたい」と意気込む。卒業後は美術系の大学に進み、絵に関わる仕事に就きたいと願う。
https://www.kobe-np.co.jp/news/miki/201712/0010843051.shtml

http://archive.is/akN7B
市高の南さん全国入賞 愛鳥週間ポスター【わかやま新報2017年12月21日】

posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: