2017年12月24日

水中のサンタにペンギン大喜び [長崎県]【西日本新聞2017年12月24日】(長崎ペンギン水族館/他1ソース)

サンタクロース姿の飼育員が与えたオキアミを食べるペンギン

 長崎ペンギン水族館(長崎市宿町)で23日、サンタクロース姿の飼育員が水槽内でペンギンに餌を与える様子を見学するイベントがあり、多くの親子連れでにぎわった。普段、餌として与えられているアジに加え、自然界で捕食することが多いオキアミを食べた。

 この日は、屋外で氷の彫刻の実演もあり、水族館のキャラクター「アバちゃん」が乗ったそりをペンギンが引っ張る様子を表現した作品が完成した。来館者は、パレードで屋外に出てきたキングペンギンと一緒に氷の彫刻を写真に収めていた。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/382379/

「氷の彫刻」完成 長崎ペンギン水族館【長崎新聞2017年12月24日】
 氷柱を削ってペンギンなどを形作る実演イベントが23日、長崎市宿町の長崎ペンギン水族館であった。約1時間半かけて完成したのはクリスマスをイメージした作品で、同館のキャラクター「アバちゃん」「ヒミちゃん」も“登場”。多くの親子連れらが作品を写真に収めていた。

 作ったのは、料理人の坂本洋一さん(49)と、松下隆純さん(73)。重さ135キロ大の氷柱3本を専用ののみなどで削り、ソリに乗った「アバちゃん」らを2匹のペンギンが引っ張るデザインが完成した。

 坂本さんは「立体的に仕上げるのが難しかったが、納得できる仕上がりになった」と話していた。


氷柱を削って完成した作品。右はソリに乗った「アバちゃん」と「ヒミちゃん」=長崎市、長崎ペンギン水族館
https://this.kiji.is/317319175391593569?c=39546741839462401

http://archive.is/FCEsp
http://archive.is/png9i

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: