2018年01月02日

ペンギンが初詣、愛嬌振りまく 越前松島水族館で新春恒例行事【福井新聞ONLINE2018年1月2日】

かわいらしい姿で来館者を魅了するオウサマペンギン=1日、福井県坂井市の越前松島水族館

 福井県坂井市の越前松島水族館で、新春恒例のオウサマペンギンとフンボルトペンギンの「初詣」を公開している。愛嬌たっぷりの姿が来館者を楽しませている。1月8日まで。

 このうちオウサマペンギンの初詣は、体長約90センチの7羽が「ぺんぎん館」から広場内に設けた「人鳥(ぺんぎん)神社」まで往復約50メートルを歩いている。

 昨年末からの訓練の成果もあり、7羽は列を組んで高さ約1・4メートルの赤い鳥居をくぐって神社に参拝。途中で愛嬌を振りまくペンギンもいて、カメラやスマートフォンで写真を撮る来館者を喜ばせている。

 1日に岐阜県から家族5人で訪れた大池すみれちゃん(3)は「ペンギンは初めて見た。よちよち歩くのがかわいかった」と満喫した様子だった。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/277801

福井)よちよち歩き、ペンギン初詣 越前松島水族館【朝日新聞デジタル2018年1月4日】
鳥居をくぐるフンボルトペンギン=坂井市三国町崎
[PR]
 坂井市三国町崎の越前松島水族館で、毎年恒例の「ペンギンの初詣」が始まった。よちよちと歩く姿で観客らを喜ばせている。8日まで。

特集:どうぶつ新聞
 ペンギンのお散歩広場に設置された鳥居と神社をめざして歩くのは、オウサマペンギンとフンボルトペンギン。見慣れないものを怖がる習性があるため、昨年末から練習を重ねてきた。飼育員の松原亮一さん(48)は「普段はガラス越しにしか見られない可愛らしい歩きを間近で楽しんでほしい」と話した。

 オウサマペンギンの初詣は午前11時20分からと午後3時10分からの2回、フンボルトペンギンは午後1時20分から。(山田健悟)
https://www.asahi.com/articles/ASL1356G0L13PGJB003.html

http://archive.is/EWrkT
http://archive.is/qpr0K
福井 ペンギンが初詣の練習 越前松島水族館【中日新聞2017年12月27日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: