2018年01月02日

ツルも驚く? 早くも2日、今年最大のスーパームーン【朝日新聞デジタル2018年1月1日】

月が明るく輝く夕暮れの空をねぐらへ帰るツルの群れ=1日午後5時半過ぎ、鹿児島県出水市

月が明るく輝く夕闇を悠然と飛ぶツル=1日午後5時半過ぎ、鹿児島県出水市

 2日の満月は、今年最も大きく見える「スーパームーン」となる。鹿児島県出水市では1日夕、輝きを増す月が浮かぶ空を、ツルたちがねぐらに向かって飛んでいた。

 同市の出水平野は国内最大のツルの越冬地。21季連続で1万羽を超えるツルが冬を過ごしている。

 普段より大きい月が輝く空を、1羽で悠然と戻るツルもいれば、数十羽の群れで慌ただしく飛ぶツルも。ねぐらの休耕田では、いつまでも騒がしいツルたちを、月が穏やかに見下ろしていた。(城戸康秀)
https://www.asahi.com/articles/ASL116THDL11TLTB005.html

http://archive.is/WFGwG

posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: