2018年01月06日

瓢湖の渡り鳥が切手に 阿賀野の郵便局などで販売【新潟日報モア2018年1月6日】

 瓢湖に飛来した渡り鳥をデザインしたオリジナルフレーム切手「渡り鳥の聖地 瓢湖」が、阿賀野市内の郵便局などで販売されている=写真=。

 切手には、瓢湖を泳ぐコハクチョウや、目の周りが黒く「パンダガモ」の愛称で親しまれている「ミコアイサ」など10種類の鳥が印刷されている。

 1シート(82円切手5枚、62円切手5枚)1300円(税込み)で千組を販売。阿賀野など下越地域の計69局のほか、日本郵便の「郵便局のネットショップ」でも取り扱っている。

 堀越郵便局(市野山)では「切手で地元の魅力を知り、実際に訪れる人が増えてほしい」と話している。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20180106366687.html

http://archive.is/YX4jj

posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: