2018年01月09日

台湾向け国産鶏卵、1年2カ月ぶりに輸出再開【日本経済新聞2018年1月9日】(鳥インフルエンザ)

 農林水産省は9日、台湾向けの日本産鶏卵と鶏卵を使った製品の輸出が同日から再開されたと発表した。2016年11月に日本で鳥インフルエンザが発生したことで輸出できなくなっていたが、台湾当局から正常化が認められ1年2カ月ぶりに再開する。

 国産鶏卵は15年10月に台湾向けの輸出が解禁された。鳥インフルエンザで輸出が禁止されて以降は農水省が台湾当局と輸出再開に向けて協議を続けていた。農水省によると、台湾向け鶏卵の16年1〜11月の輸出額は700万円だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25459040Z00C18A1EE8000/

http://archive.is/wuPEb

posted by BNJ at 21:21 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: