2018年01月10日

香川・さぬき 養鶏場で鳥インフル疑い事例 3羽陽性反応【毎日新聞2018年1月10日】(他3ソース)

鳥インフルエンザの疑いがあると思われる養鶏場=香川県さぬき市で2018年1月10日午後5時7分、本社ヘリから貝塚太一撮影

 香川県は10日、同県さぬき市にある農場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査で病原性鳥インフルエンザと確認されれば国内の家畜で今季初の感染となり、県はマニュアルに基づき、この農場が飼育する約5万1000羽を殺処分する。

 県によると、農場に8棟ある鶏舎のうち、1棟のブロイラー55羽が9日夜から10日朝にかけて死んだ。農家から連絡を受けた県東部家畜保健衛生所(同県三木町)が簡易検査し、11羽中3羽で陽性反応が出た。この鶏舎では生後約40日の鶏が約6000羽飼育されているが、出荷は生後50日ごろのため市場に出回っていないという。

 遺伝子検査の結果は10日夜に判明する。感染が確定すれば、県はただちに殺処分を始め、数日中に終える予定。また、農場から半径3キロ圏の8農場で飼育されている鶏7万羽と卵の移動を制限するほか、徳島県内を含む3〜10キロ圏の農場でも鶏と卵の搬出を制限する。

 国の統計によると、県内でブロイラー約217万羽(2017年2月)が飼育され、全国15位。「讃岐コーチン」というブランド鶏もある。【植松晃一、岩崎邦宏】
https://mainichi.jp/articles/20180111/k00/00m/040/003000c

香川、鳥インフル疑い 養鶏場、家畜で今冬初か【共同通信2018年1月10日】
農水省の鳥インフルエンザ防疫対策本部で香川県との連携を指示する斎藤農相=10日午後
 香川県は10日、さぬき市の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと発表した。簡易検査で鶏11羽中3羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出た。確定すれば、家畜としてはこの冬初めて。県は遺伝子検査で病原性ウイルスと確認され次第、10日深夜にも殺処分を始める方針で、約5万1千羽が対象となる見通し。

 この養鶏場は鶏の移動を自粛。県は殺処分開始と同時に、この養鶏場を含む半径3キロ圏内のさぬき市の9農場に鶏や卵などの持ち出しや持ち込みを禁じる「移動制限」を、同3〜10キロ圏内にある県内18農場に持ち出しを禁じる「搬出制限」をそれぞれかける方針だ。
https://this.kiji.is/323689505486750817?c=39546741839462401

香川の養鶏場で鳥インフルか 確定なら今季、全国初【朝日新聞デジタル2018年1月10日】
Play Video
【動画】鳥インフルエンザの疑いがある香川県の養鶏場=田中志乃、江湖良二撮影
[PR]
 香川県は10日、さぬき市のブロイラー養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの疑いのある事例が発生したと発表し、対策本部を設置した。確定すれば、家畜での発生は今季、全国初となる。四国では過去、家畜での鳥インフルエンザは確認されていないという。

 県によると、10日午前9時15分ごろ、この養鶏場で55羽の鶏が死んでいるのを作業員が発見し、県に連絡した。簡易検査を実施したところ、11羽中3羽で陽性となったという。

 この日午後2時前にあった県庁内での会議で、浜田恵造知事は「残念ながら本県で鳥インフルエンザ簡易検査の陽性事例が確認された。日ごろからの防疫訓練を生かして、速やかな防疫対応を」と各部の幹部へ指示した。同日午後10時ごろに検査結果の確定が出る予定で、陽性となった場合は移動制限区域の設定や鶏の殺処分などをするという。

 鳥インフルエンザの疑いがある飼育棟では、1カ月以上ブロイラーの出荷はしていないという。国の基準では、死亡する鶏の数が通常の倍になると、保健衛生所に報告することになっている。この農場では、8棟で5万1千羽を飼育。1棟6千羽あたり通常10羽ほどが自然死するが、9日夜から10日朝にかけ、55羽の死亡が確認されたという。(田中志乃)
https://www.asahi.com/articles/ASL1B4JHDL1BPLXB00C.html

香川の養鶏場で鳥インフル疑い、簡易検査で3羽陽性 確定なら家畜で今冬初、5万羽殺処分に【産経WEST2018年1月10日】
鳥インフルエンザが疑われる事例が発生した香川県さぬき市の養鶏場=10日午後

 香川県は10日、さぬき市の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと発表した。簡易検査で鶏11羽中3羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出た。確定すれば、家畜としてはこの冬1例目で、四国での発生は初。県は遺伝子検査で病原性ウイルスと確認され次第、10日深夜にも殺処分を始める方針で、約5万1千羽が対象となる見通し。

 この養鶏場は鶏の移動を自粛。県は殺処分開始と同時に、この養鶏場を含む半径3キロ圏内のさぬき市の9農場に鶏や卵などの持ち出しや持ち込みを禁じる「移動制限」を、同3〜10キロ圏内にある県内?農場に持ち出しを禁じる「搬出制限」をそれぞれかける方針だ。現場周辺はすでに消毒した。

 県によると、10日午前9時15分ごろ、養鶏場の鶏舎15棟のうちの1棟で飼育していた約6千羽のうち、55羽が死んでいるのを管理者が発見し、直ちに県に届けた。8棟で肉用鶏約5万1千羽を飼育中で、他の7棟に鶏はいなかった。

 養鶏場周辺で鳥インフルエンザが疑われるような野鳥の死骸などは見つかっておらず、鶏舎の窓などは閉まっていたため、県は、感染した外部の野鳥などが入り込んだ可能性は低いとしている。
 農林水産省は午後2時から防疫対策本部を開催。浜田恵造知事を本部長とする対策本部を設置した県と連携し、迅速な対応を取ることを申し合わせた。斎藤健農相は「蔓延(まんえん)を防止するため防疫措置を確実に実施してほしい」と述べた。
http://www.sankei.com/west/news/180110/wst1801100057-n1.html

香川で高病原性鳥インフルの疑い 家畜で今冬初か【テレ朝NEWS2018年1月11日】
 香川県さぬき市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生した疑いがあり、県などが調査しています。

 香川県によりますと、10日午前、さぬき市の養鶏場から一晩で死んだ鶏の数が通常の約5倍に増えたと連絡がありました。簡易検査の結果、11羽のうち3羽が高病原性鳥インフルエンザの陽性でした。しかし、その後の遺伝子検査の結果に矛盾が見つかり、病原性ウイルスと判定ができませんでした。農林水産省の調査チームが11日に現場に入ってサンプルを持ち帰り、改めて遺伝子検査を行う予定です。この養鶏場では約5万羽を飼育していて、県は感染拡大を防ぐために付近の道の駅などに車両の消毒場所を設置しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000118406.html

http://archive.is/wq7A4
http://archive.is/SDJTZ
http://archive.is/zgnyN
http://archive.is/i00fG
http://archive.is/yXEur
http://archive.is/NoKAT

posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: