2018年01月10日

香川で鳥インフル疑い 農水省が緊急対策本部会議【NHKニュース2018年1月10日】

香川県の養鶏場で、飼育しているニワトリから鳥インフルエンザの簡易検査で陽性反応がでたことを受けて、農林水産省は、緊急の対策本部会議を開き、感染が確定すれば、11日、専門家の調査チームを現地に派遣することを決めました。
農林水産省で開かれた対策本部会議には、農林水産省の担当者およそ20人が集まりました。

はじめに齋藤農林水産大臣が「香川県にとっては、初めての事例で、緊密に連携をとり、初動対応に誤りがないようにするとともにまん延防止のため防疫措置を確実に実施していきたい」と述べました。

続いて会議では、香川県さぬき市の養鶏場で飼育されていた食肉用のニワトリから、簡易検査でA型の鳥インフルエンザの陽性反応がでた経緯などが報告されました。

最終的な検査結果は10日夜、出る予定で、鳥インフルエンザに感染していることが確定した場合には、11日の朝に専門家の調査チームなどを現地に派遣することを決めました。

感染が確定すれば、飼育された鳥での鳥インフルエンザの確認は、四国では初めてで、全国では、今シーズン初めてになります。

鳥インフルエンザは、昨シーズン北海道から熊本県までの9道県の養鶏場などで12例発生していて、農林水産省は、農家に対し、消毒の徹底や飼育施設に野鳥や野生動物が入らないよう隙間を塞ぐなどの感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。
官房長官「連携しながら万全尽くす」
菅官房長官は午後の記者会見で、「関係省庁で情報の共有を図るとともに香川県に農林水産省の職員を派遣した。また遺伝子検査の結果が陽性だった場合に、移動・搬出制限区域の設定や家きんの殺処分・埋却などが迅速・的確に行われるよう対策を講じている。引き続き状況を注視しつつ地方自治体と連携しながら万全を尽くしていきたい」と述べました。
西日本中心に十分な警戒を
京都産業大学の鳥インフルエンザ研究センターの大槻公一センター長は、今回の鳥インフルエンザの発生について「去年11月に島根県で鳥インフルエンザに感染した野生の渡り鳥が見つかり、その直後、韓国でも同じウイルスに感染した渡り鳥が確認された。今回の香川県のケースは、こうしたウイルスに感染した渡り鳥が南下して発生した可能性が高い」と分析しています。

また、今後、鳥インフルエンザの感染が拡大する可能性については「昨シーズンは渡り鳥が飛来した直後に北海道から九州までの広い範囲の養鶏場などで鳥インフルエンザの感染が発生したが、今シーズンは島根県で野生の渡り鳥の感染が確認されてからすでに2か月が経過していて、昨シーズンよりは発生が限定的になるかもしれないが、西日本を中心に、十分な警戒が必要だ」と話していました。

そのうえで、一般の人たちの注意点として、「死んでいる野鳥を見つけたら、絶対に手を触れず、すぐに公的な機関に連絡してほしい。また、屋外で飼育しているペットについては、鳥だけでなく猫や犬も鳥インフルエンザに感染する可能性があるので、5月の大型連休くらいまでは、できるだけ室内で飼育するなど、感染を防ぐ対策をしてほしい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180110/k10011284151000.html

http://archive.is/n332q
香川・さぬき 養鶏場で鳥インフル疑い事例 3羽陽性反応【毎日新聞2018年1月10日】

posted by BNJ at 23:10 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: