2018年01月11日

香川で鳥インフル疑い 愛媛の151農場に県が注意喚起【愛媛新聞ONLINE2018年1月11日】

 香川県さぬき市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例を受け、愛媛県は10日、100羽以上を飼養している県内の151農場に注意喚起を行い、異常の有無の確認を始めた。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201801110050

鳥インフルエンザに備え 防疫体制の徹底を確認(愛媛県)【NNNニュース2018年1月11日】
香川県の養鶏場が鳥インフルエンザの感染を疑われている問題で、県は緊急の防疫会議を開き防疫態勢の徹底を確認した。香川県さぬき市の養鶏場で10日、鳥インフルエンザの感染の疑いがある鶏が見つかったことを受け、愛媛県の中村知事は、県内でも防疫態勢を強化していく方針を示した。また、緊急で開かれた防疫会議では、11日までに県内の農場では異常がないことや消毒を徹底することなど、今後の防疫態勢を確認した。ウイルスの遺伝子検査の結果は11日夜にも判明する見通しだが、県では致死率が高い高病原性のウイルスや、それに変異する可能性のあるウイルスと確定した場合、鶏などを100羽以上飼育する151の農場に無償で消毒のための消石灰を配布することにしている。
http://www.news24.jp/nnn/news8789370.html

愛媛)鳥インフル防疫で県が緊急会議 香川で発生疑い【朝日新聞デジタル2018年1月12日】

 四国で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したことを受けて、県は11日、県庁で緊急会議を開いて対策を確認した。

 香川・さぬき市の養鶏場では10日午前に55羽の鶏が死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出た。陽性が確定すれば四国で初めての発生となる。県は発生を受けて、100羽以上を飼育する県内の養鶏農家151戸に情報提供と注意喚起を実施。現時点では異常がないことを確認した。

 会議には県畜産課や家畜保健衛生所の担当者らが出席。鶏舎や付近の消毒、野鳥の侵入防止などを農家に周知すること、休日の連絡体制や備蓄物資を再確認することを申し合わせた。さぬき市での発生が確定した場合は、151戸の養鶏農家に消石灰計100トンを配って発生防止を図る。

 中村時広知事は11日の定例会…

残り:53文字/全文:390文字
https://www.asahi.com/articles/ASL1C4193L1CPFIB009.html

http://archive.is/FvrGv
http://archive.is/xT5xi
http://archive.is/UV1pj
香川の鳥インフル疑い再検査…初回は陽陰性混在【読売新聞2018年1月11日】

posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: