2018年01月12日

香川の鳥インフル、殺処分完了 養鶏場の9万2千羽【共同通信2018年1月12日】(H5N6型)

高病原性鳥インフルエンザが確認された養鶏場で作業する関係者=12日、香川県さぬき市(共同通信社ヘリから)
 香川県さぬき市の養鶏場で鶏からH5型高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、県は12日夜、この養鶏場と、経営者や飼育員が同じ近くの養鶏場の計約9万2千羽の殺処分を完了した。農林水産省は12日、ウイルスはH5N6型と遺伝子解析で判明したと発表した。この型は今季、松江市で死んでいた野鳥から検出されていた。

 殺処分は11日深夜に始まり、寒さや地面のぬかるみが原因で遅れ、県職員や自衛隊員らを増員して対応し、延べ750人以上が交代で従事した。
https://this.kiji.is/324516960455394401?c=39546741839462401

鳥インフル 9万1000羽の殺処分終了 香川・さぬき【毎日新聞2018年1月12日】
養鶏場の周辺で作業をする自衛隊員ら=さぬき市で2018年1月12日午前8時47分、山口桂子撮影
 香川県さぬき市の農場で鳥インフルエンザの鶏が見つかった問題で、県は12日夜、関連農場と合わせて計約9万1000羽の殺処分を終えた。11日深夜から県職員や自衛隊員ら延べ約700人が作業し、鶏を容器に入れて殺処分した。死骸は15日以降に県内の焼却施設で5日程度かけて燃やす。また、国の再検査でも高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出された。周辺農場で異常のある鶏は見つかっていない。環境省は現場周辺で野鳥の緊急調査も始めた。【植松晃一】
https://mainichi.jp/articles/20180113/k00/00m/040/133000c

【香川・鳥インフル・動画】養鶏場で9万2千羽の殺処分終了【産経ニュース2018年1月12日】
 香川県さぬき市の養鶏場で鶏からH5型高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、県は12日もこの養鶏場と、経営者や飼育員が同じ近くの養鶏場で計約9万2千羽の殺処分を続け、同日夜、完了した。農林水産省は同日、ウイルスは「H5N6型」と遺伝子解析で判明したと発表した。殺処分は11日深夜に始まり、寒さや暗さ、地面のぬかるみが原因で遅れ、県職員や自衛隊員らを増員して対応し、延べ750人以上が交代で従事した。

 政府は12日、鳥インフルへの対応を協議する関係閣僚会議を首相官邸で開催し、農水省の職員や専門家らで構成する疫学調査チームは原因究明のために発生現場の養鶏場に入った。礒崎陽輔農林水産副大臣は12日、香川県庁で浜田恵造知事と会談し、終了後「初動対応が非常に重要だ。県を全力で支援していく」と話した。

 環境省中国四国地方環境事務所は12日から、発生養鶏場の半径10キロにあるため池などで専門家による調査を開始。14日までに10カ所程度を回り、飛来する渡り鳥の種類や分布、野鳥に大量死などの異常がないか調べる。

 県は感染の拡大を防ぐため、発生養鶏場と、さぬき市の8農場を含む半径3キロ圏内を、鶏や卵などの持ち出しや持ち込みを禁じる移動制限区域に設定。県内18農場を含む同3〜10キロ圏内は搬出制限区域に設定し、持ち出しを禁じている。
http://www.sankei.com/west/news/180112/wst1801120094-n1.html

香川の鳥インフル、夜通しの殺処分 感染拡大防ぐため【朝日新聞デジタル2018年1月12日】
香川県の鳥インフルエンザで殺処分=県庁提供、依知川和大撮影
写真・図版
地図
写真・図版
写真・図版
写真・図版
[PR]
 香川県さぬき市の養鶏場の肉用鶏から、全国で今季初となる感染力の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認された問題で、県は11日深夜から殺処分を始めた。この養鶏場の約5万1千羽と系列養鶏場の約4万羽のうち、12日午前6時までに約7千羽の処理を終了した。

香川の養鶏場、鳥インフル陽性確定 今季初、殺処分開始
 県職員や自衛隊員ら約100人が、11日深夜からバスで次々と養鶏場入りした。白い防疫服やゴーグル、手袋で身を固めた職員らは、鶏舎にいる鶏を袋に詰め、二酸化炭素を注入して殺してから袋ごと密封容器に移していった。

 ウイルスは生きた細胞の中でしか増殖できず、感染拡大を防ぐため県は24時間以内の殺処分完了を急ぐ。発生した養鶏場は12時間以内の殺処分が目標という。

 家畜伝染病予防法に基づき、発生養鶏場の半径3キロ圏内が移動制限区域(9戸、約22万羽)になり、卵や鶏などの移動を禁止。3〜10キロ圏内が搬出制限区域(香川・徳島両県で19戸、約113万羽)で、域外への出荷などが禁じられた。

 発生養鶏場では10日、通常より多い55羽の鶏が死んでいるのが見つかり、県に通報。11日に高病原性のウイルスと確認された。(田中志乃、森下裕介)
https://www.asahi.com/articles/ASL1D35P8L1DPLXB002.html

http://archive.is/Wejju
http://archive.is/4zBo2
http://archive.is/BvyTf
http://archive.is/awQoQ
鳥インフルで殺処分続く、香川 約9万2千羽【共同通信2018年1月12日】

posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: