2018年01月13日

鳥インフルエンザ 環境省が野鳥の緊急調査 香川【NHKニュース2018年1月12日】

香川県さぬき市の養鶏場で鳥インフルエンザが確認されたことを受けて、環境省は、周辺にいる野鳥に感染が広がっていないかを確かめる緊急の調査を始めました。
養鶏場での鳥インフルエンザの発生を受け、環境省は12日から3日間、半径10キロ以内のため池など10か所で野鳥に感染が広がっていないかを確かめる調査を行うことになりました。

このうち、香川県三木町の「山大寺池」では12日午後、委託を受けた研究員2人が望遠鏡や双眼鏡を使ってマガモなどの渡り鳥を中心に生息状況を観察しました。4か所を調査したところ、異常は見られなかったということです。

調査に当たった東京の「自然環境研究センター」の安齊友巳主席研究員は、「野鳥がウイルスを運んでくることがあるので、影響が大きい養鶏場などはしっかりと対策を取ることが大切だ」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180112/k10011287251000.html

posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: