2018年01月15日

珍鳥に子どもら歓声 豊見城・漫湖 新春観察会【琉球新報2018年1月15日】

双眼鏡を手に野鳥を観察する子どもら=14日、豊見城市の漫湖水鳥・湿地センター近く
 豊見城市と那覇市にまたがる漫湖で14日、環境省など主催の新春野鳥観察会が開かれた。昨夏、沖縄本島で初めて確認されたナンヨウショウビン(カワセミ科)なども見られ、参加した子どもら約20人が歓声を上げた。
 漫湖は渡り鳥の中継地として知られ、この時期は北方から渡ってくる珍しい鳥が観察できる。
 参加者は、沖縄野鳥研究会の比嘉邦昭代表(72)=豊見城市=の案内で漫湖周辺を散策した。比嘉さんは木々の間にいたナンヨウショウビンを指さし、「東南アジアにいて、日本で見られるのは沖縄だけ」と解説。双眼鏡をのぞき込んだ子どもらは「すごい!」と興奮していた。
 ナンヨウショウビンを初めて見た同市立とよみ小学校4年の嘉数ちひろさん(10)は「飛んでいる姿がきれいだった」と喜んだ。とよみ大橋の近くでは、ユリカモメやアオサギなども確認された。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-646706.html

http://archive.is/dPpzw

posted by BNJ at 10:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: