2018年01月17日

野鳥の死骸から鳥インフル陽性 簡易検査で判明 島根【産経WEST2018年1月16日】(カンムリカイツブリ/他1ソース)

 島根県は16日、同県浜田市で回収した野生のカンムリカイツブリ1羽の死骸を簡易検査した結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。鳥取大で確定検査する。

 県によると、同日午後1時半ごろ、同市津摩町の漁港で死骸を見つけたと県に通報があった。

 島根県では昨年11月以降、宍道湖周辺などで野鳥の死骸が相次いで見つかり、確定検査の結果、7羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出された。
http://www.sankei.com/west/news/180116/wst1801160087-n1.html

浜田で鳥インフル陽性反応【中国新聞アルファ2018年1月17日】
 環境省と島根県は16日、浜田市津摩町の海岸で見つかったカンムリカイツブリ1羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。高病原性の確定検査のため、検体を鳥取大に送った。
(ここまで 102文字/記事全文 313文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=402664&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/V43Ax
http://archive.is/zzIdg

posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: