2018年01月17日

香川の鳥インフルエンザ発生受け、養鶏農家らに消石灰を配布 愛知・田原市【メ〜テレ2018年1月17日】

愛知県田原市で、鳥インフルエンザの感染を未然に防ごうと消毒用の消石灰の配布が行われました。
香川県で、高病原性鳥インフルエンザに感染したニワトリが見つかったことを受け田原市は、養鶏農家など約20軒に消毒用の消石灰を配布しました。消石灰を受け取った養鶏農家は「(香川県での発生は)他人事ではない。自分がそうなった時はどうしていいかわからない」「毎年のことで大変だが仕方がない。できるだけのことはやっておく」と話していました。田原市内ではこれまでに鳥インフルエンザは発生していませんが、隣の豊橋市では2009年と2011年に感染例が見つかり、ウズラとニワトリの殺処分が行われました。
https://www.nagoyatv.com/news/?id=176688

http://archive.is/QFrI2

posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: