2018年01月19日

鳥インフル予防で大宮公園など動物園の展示中止【産経ニュース2018年1月19日】

 国内で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は18日、飼育動物への予防対策として、こども動物自然公園と大宮公園の小動物園の一部展示を当面の間、中止すると発表した。

 こども動物自然公園では、来園者によるペンギンへの餌やりや、アヒル、ガチョウの放し飼いなどを中止する。大宮公園の小動物園では、鳥類展示施設を閉鎖する。両園とも営業時間の変更はないという。
http://www.sankei.com/region/news/180119/rgn1801190014-n1.html

http://archive.is/qs1Qk
東武動物公園 鳥インフル対策、休止イベントも /埼玉【毎日新聞2018年1月18日】
東京のオオタカも鳥インフル 上野動物園では展示中止も【共同通信2018年1月17日】
野鳥の死骸から鳥インフル陽性 簡易検査で判明 島根【産経WEST2018年1月16日】
【香川・鳥インフル】殺処分の鶏9万羽、焼却を開始 完了まで1週間【産経WEST2018年1月15日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: