2018年01月19日

岡山県、全養鶏場に消石灰配布 さぬき鳥インフル感染予防で【山陽新聞デジタル2018年1月19日】

ホーム岡山エリア主要岡山県、全養鶏場に消石灰配布 さぬき鳥インフル感染予防で
岡山県、全養鶏場に消石灰配布 さぬき鳥インフル感染予防で

 さぬき市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザ感染が今月11日確認されたことを受け、岡山県は19日、県内の養鶏場全185カ所に緊急消毒用の消石灰を無料配布すると発表した。

 22日からJA全農おかやま(岡山市北区磨屋町)を通じ、消石灰1万2千袋(1袋20キロ)を配る。各養鶏場には2月13日までに鶏舎の周囲や出入り口などに散布してもらい、ウイルスの感染を防ぐ。

 県畜産課によると、県内の養鶏場では計約1264万羽が飼育されており「隣県で感染が確認されたため、各養鶏場には一層の予防対策に努めてほしい」としている。
http://www.sanyonews.jp/article/656607

http://archive.is/zA9cl

posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: