2018年01月20日

鳥インフルエンザ 予防措置 大牟田市動物園、鳥類展示を休止 /福岡【毎日新聞2018年1月20日】

 大牟田市動物園(昭和町)は19日、園内で飼育する鳥類への鳥インフルエンザの感染を防ぐため、鳥類の展示施設への出入り口を閉鎖し、屋外のフラミンゴなどの展示を休止したと発表した。

 環境省が設定した対応レベルが「2」から「3」に引き上げられたのに伴う措置。対応レベルが「2」に下がるまで継続される。動物園は通常通り開園しており、来園者には入り口での手の消毒を呼びかけている。【井上和也】

〔筑後版〕
https://mainichi.jp/articles/20180120/ddl/k40/040/426000c

http://archive.is/FzzwP

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: