2018年01月24日

岐阜 姿愛らしくヒレンジャク 美濃加茂に飛来【中日新聞2018年1月24日】

エノキに止まったヒレンジャク=美濃加茂市太田本町の太田宿中山道会館で

 美濃加茂市太田本町の太田宿中山道会館に、渡り鳥のヒレンジャクが飛来した。庭のエノキの大木に止まり、寄生するヤドリギの黄色い実をついばむ愛らしい姿を見せている。

 ヒレンジャクは体長約一八センチで、尾の先の鮮やかな赤色や、トサカのような頭の毛が特徴。日本で冬を越し、春にシベリア方面に帰る。

 同会館によると、飛来したのは三年ぶり。十九日に一羽を初めて確認し、二十日に三羽、二十一日は十羽が姿を見せた。カメラを手にした愛好家や住民らも続々と訪れ始めている。

 過去には百五十羽ほどが木に集まる年もあった。「もう来てくれないかと心配していたのでうれしい。会館もにぎやかになる」とスタッフら。三月末ごろまで見られそうという。

 (平井一敏)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180124/CK2018012402000041.html

https://megalodon.jp/2018-0124-1101-32/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180124/CK2018012402000041.html

posted by BNJ at 11:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: