2018年01月25日

うそをまことに 大阪天満宮「初天神」宵宮祭【大阪日日新聞2018年1月25日】

 大阪市北区の大阪天満宮(寺井種伯宮司)で24日、今年最初の縁日「初天神」宵宮祭がにぎやかに執り行われた。「うそ替神事」や「福餅(福玉)まき」といった多彩な神賑行事があり、今冬一番の寒さの中、境内は多くの参拝者であふれた。


お守りの入った封筒を交換し合う参加者=24日、大阪市北区の大阪天満宮
 同神事では、約500人の参拝者が昨年中についたうそを、祭神・菅原道真公の愛鳥・ウソ鳥に託して罪ほろぼしを祈願する。

 拝殿前でウソ鳥のお守りが入った封筒を受け取ると、「うそをまことに替えましょう」と言いながら、みこや神職ら周囲の人々と代わる代わる交換し、最後に手元に残った封筒を開封した。

 中には「金うそ」「銀うそ」などのお守りが別途授与される印が記されており、唯一の「金うそ」が当たった同区の自営業の男性(68)は「おととしから神事に参加し、まさか金が巡ってくるとは思わなかった」と笑顔。「金が見たい」という多くの参拝者の注目を浴びた。

 25日は「初天神」梅花祭を斎行。同神事は午後1時から。福餅まきは午前11時、午後4時の2回行われる。いずれも参加無料。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/180125/20180125026.html

http://archive.is/fsykI

タグ:鷽替神事
posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: