2018年01月26日

厄よけ願い「うそかえ祭」、大阪 道明寺天満宮【共同通信2018年1月25日】

道明寺天満宮の「うそかえ祭」で袋を交換し合う参拝者=25日、大阪府藤井寺市
 大阪府藤井寺市の道明寺天満宮で25日、厄よけを願い、木彫りのウソ鳥が入った袋を交換し合う「うそかえ祭」があった。境内には「換えましょう、換えましょう」とにぎやかな声が響いた。

 ウソ鳥は神職の手作りで、1万個を用意。参拝者は太鼓が鳴ると交換をやめ、手にしたウソ鳥の底を確認していた。「金」や「銀」の文字があると金製や銀製のお守りがもらえる。

 大阪府八尾市の春山淑子さん(66)は「2年前、娘は『金』が当たり、孫を授かりました。縁起いいんです」と楽しそうに参加していた。
https://this.kiji.is/329150804085015649?c=39546741839462401

うそかえ祭 厄よけ願い「換えましょう」 藤井寺・道明寺天満宮 /大阪【毎日新聞2018年1月29日】

 藤井寺市の道明寺天満宮で25日、厄よけを願い、木彫りのウソ鳥が入った袋を交換し合う「うそかえ祭」があった。境内には「換えましょう、換えましょう」とにぎやかな声が響いた。

 ウソ鳥は神職の手作りで、1万個を用意。参拝者は太鼓が鳴ると交換をやめ、手にしたウソ鳥の底を確認していた。「金」や「銀」の文字があると金製や銀製のお守りがもらえる。

 八尾市の春山淑子さん(66)は「2年前、娘は『金』が当たり、孫を授かりました。縁起いいんです」と楽しそうに参加していた。

 うそかえ祭は902年、儀式中にハチの大群が押し寄せ、ウソ鳥が食べて参拝者を救ったという故事にちなみ、1908年に始まった。一時途絶えたが77年に復活した。
https://mainichi.jp/articles/20180129/ddl/k27/040/239000c

http://archive.is/ipiV9
http://archive.is/MWEf2

posted by BNJ at 10:32 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: