2018年01月26日

「鳥と緑」魅力パッケージに 同女大コン、最優秀に岡野さん【京都新聞2018年1月26日】

最優秀賞に選ばれた作品と、デザインした岡野さん(京田辺市役所)
 同志社女子大現代社会学部社会システム学科(京都府京田辺市)の学生たちが、京田辺市の魅力をアピールするパッケージデザインのコンテストを学内で実施した。商品などを入れる紙袋のデザインがテーマで、最優秀賞に1年の岡野晴香さん(18)の作品が選ばれた。

 市と同女大の連携事業「南山城まちづくりラボ」の一環。市のイメージや観光スポットなどをデザインした38作品が集まった。岡野さんの作品は、緑を基調に鳥と木の葉を組み合わせた。「初めて市を訪れた日に鳥のさえずりを聞いたことを思い出してデザインした」といい、「市を思い浮かべてもらえるようになれば」と話していた。市は岡野さんのデザインで紙袋を作成、活用を検討する。
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20180126000088

http://archive.is/WsE4z

タグ:鳥類意匠
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: